スノ―スクートsnowscoot ボードを傷から護るソールカバー

スノースクートのボードは単品でも売られていますが
お値段もそこそこします。新しい板でも中古の板でも
大事にすることが大切です。みなさんは普段どんな手入れをされているのでしょうか?
ゲレンデに行く時はよくハイエースの荷台にドーンと積み込んでいましたが
最近はソールカバーをつけてます。あまり何も気にしないタイプでしたが
ソールカバーを付きることできずかないうちに付く細かなキズも防げます。
スノースクートを販売する時は必ずお客様におススメもしています。
綺麗なボードだと気持ちいいですからね!JykK Japanから発売されている
ソールカバーはネオプレン素材 フロントとリアに分かれてます
フロントはマジックテープが1つ
リアはマジックテープが2つ
少しサイズはきつく感じますがソールカバーを使うのと使わないのでは
キズの付き方がちがいます。
レンタルならそんなに気にしなくてもいいのですが
高価なスノースクートを自分で買うとそうはいきませんからね(笑)


ヴォーグスポーツではネットショップにはG-ONE/ONE/ONE-Dしかのせていませんが
http://vog.jp/shopdetail/000000005967/ct219/page1/order/


ほかのボード用も取り扱いはありますのでお問合せください。


関西でスノースクートをお探しなら
スノースクート販売 レンタルもご相談ください
大阪府寝屋川市点野5丁目4-34
072-839-8881 田中まで 1号線沿い