スノースクート一式でいくらくらいかかるか

スノースクートというと今現在日本のゲレンデの8割で利用できる話題のウィンタースポーツです。
始まりは1990年で原型を作った翌年にはすでに本格的な生産に入ったというくらいの人気で、スキーやスノーボードと違い始めたその日からすぐに乗りこなすことが出来る手軽さと見た目のスマートさからどんどんスクート人口が増えています。そんなスノースクートは自転車のようにハンドルがついたボードとスノートレッキングシューズやスノーボードブーツのようなソフトブーツがあればすぐに始めることができ、ウェアやグローブもスキーやスノーボードの装いでOKなので専門のウェアなどをそろえる必要もなく一式そろえてもかなりコストパフォーマンスにすぐれたスポーツです。

例えば、スクートの最新モデルで11万円ほどプラスケースが2万円少々で13万円ほどですぐに始められ、そのうえスクートの良いところはもっと上位モデルへ発展させたい場合はボードを取り換えるだけでOKなところと、BMXのパーツなどでカスタマイズが出来る事です。
こうなると自分のオリジナルモデルがほしくなるものですが、そういう方にお勧めのお店がアウトドアスポーツなどの専門店「VOGUESPORTS」です。こちらはカスタマイズできる部品をはじめ、板、ハンドルなどを多数扱っており、すでにチューンアップされたモデルも何種類ものモデルがありますので自分の好きなタイプを購入する事が出来ます。