スノースクートのブレーキはエッジで決まる

スノースクートとは今話題のウィンタースポーツで1990年代から一気に人気が出始め、現在日本のスキー場の8割で利用が出来るようになっているウィンタースポーツです。
きっとゲレンデに行く機会がある方ならば一度は見かけたことがあると思いますが、形状は「自転車のような形のソリ」といった感じでハンドルがついているため
スキーやスノーボードのようにターンの練習に集中しなくても乗ったら2時間ほどですぐに楽しむことが出来ます。
ただ、ブレーキはついていないためスノーボードのようにエッジを使ってブレーキをかける必要があり、そこだけ多少は練習が必要ですが
安全性やバランス、体の負担から言うと幅広い年代が楽しめるウィンタースポーツなのでお子さん用のスノースクートも人気があります。
そんなスノースクートですがスキー場によってはレンタルも行っていますが出来れば自分専用のスクートを持ちたいものです。
そういう方にお勧めなのがキックボードやウィンタースポーツグッズ、アウトドアグッズ、ウェアのお店「VOGUESPORTS」です。
こちらではキャリーバッグからお子さん向けのキッズ専用モデル、最新モデルをはじめオリジナリティを追及する方や雪質・ゲレンデの状況に応じた
スクートをお探しの方のニーズに合わせたモデル・板を多数扱っています。
また、ウェア・グローブなども人気ブランドの最新モデルを取り揃えているのでより恰好よくきめたい方にもお勧めです。