スノースクートって?怪我は?

でも初めてで上手く出来るかわからないし、何よりも怪我が心配。

そう思っている方でも安心して始められる冬のスポーツがあります。
自転車から車輪を外し、スノーボード板をつけ、更にハンドルがついたような見た目、その名はスノースクート。
難しそうなターンだってハンドルを腕で操作することによってスムーズに行うことができ、比較的早く上達することが出来ます。
スキーやスノーボードとは違い、あまり機敏な動きは出来ませんが、
体重移動が上達し慣れてくれば、スピードに乗ったターンやその場でジャンプしたりすることも出来ます。
とはいえ、やはり心配なのはせっかくの楽しい時間も台無しになってしまう怪我です。
しかし安心してください。
スノースクートは両足を板に固定しない為、転倒しそうになった際には自分の足で地面に着地することが出来るため、
頭からの転倒も避けられ、比較的怪我の少ないスポーツです。
もちろん、他のウィンタースポーツと同様服装等始める前の準備は重要です。
いくらハンドルがついてるからと言って転ばない保証はありません。
防水用のスキー、スノボウェアを着用し、手袋は指を動かしやすいタイプがおすすめです。
シューズは特に専用のものありませんが、ハイカットのスノーシューズでも大丈夫です。

子供から大人まで、様々なシーンで楽しめる、きっと自分にあったお気に入りのスノースクートにきっと出会えるはずです。