スノースクートの装備を交換してカスタマイズしよう

スノースクートは自転車状のソリの商品名で雪上を滑走するスポーツ用品になります。
ライダーは乗るときはデッキ上のストラップに両足をそろえて乗ることから、転倒時にスクートが外れてしまうため遠くに行かないようにリーシュを装備することが必要になってきます。
自動車や自転車などがタイヤホイールやマフラーなど交換してカスタマイズすることができるように、スノースクートもカスタマイズができそれぞれの装備を交換したりすることで個性を出したり、自分が使いやすいようにカスタマイズすることができます。
本体を構成する部品はハンドルにフレーム、ボードやストラップが主体になっているのでカスタマイズする部分もわかりやすくなっています。
ハンドルをカスタマイズする場合は自分の好みの形状や色を選ぶことになりますが、フレームに固定させるステムという装着具がありハンドルの色や自分の好きな色のものに変更すると細かい部分ですが印象的になります。
またハンドルに欠かせないものがグリップになりますが、細かい形状や質感など自分が使いやすいものを選ぶことがポイントです。
ボードには先端がとがっているものや丸みを帯びているものなど違いのあるものも多いため、より自分らしさをアピールできるものを選んだり滑りやすいものを選んだりしましょう。
ストラップを選ぶ際は機能性をしっかりと固定できるものを選ぶと安定します。
他にもスノースクートには暗くなった時用にハンドルにライトをつけたり、金具が緩くなってしまったときになどに携帯用工具セットを装備しているといざというときに便利です
LEDライトを付けて乗られてるライダーさんもいます(笑)
カスタムパーツ一覧