スノースクート2018年に向けてのメンテナンスはこれだ

今シーズンも終了になり、今年も沢山の思い出でと楽しませてくれた
大事なスノースクートを2018年のシーズンまで倉庫内などに片付けるときに
やっておきたいメンテナンス

スノースクートのメンテナンスをする際の方法です。

毎年する必要はないと思うのですが
消耗度のチェックを兼ねてベアリングのグリスアップは手間がかかるが
やっておきたいですね。

ベアリングのガタがないか?
下シールに以上が無いか?
コンプレッションリングのゆがみが無いか?
ステンレスワッシャ―のゆがみが無いか?

チェックしてベアリングにグリスUPしてあげて下さい。
チェック箇所は色々とありますが
次の2018年安心してスノースクートを楽しむ為にもメンテナンスはオススメです。

次にブッシュの確認です。

亀裂が入っていないか?
ねじ山が伸びていないか?
古いブッシュはヘタりが出てきて、本来のボードの動きが出しづらくなります。
新しいブッシュに交換する事で「乗りやすくなったよ」と言う方もいます。

【2014年以前】非貫通ブッシュ【2015年以降】非貫通ブッシュがあります。
交換する際は自分のスノースクートが何年式なのかどんなブッシュが付いているのか
しっかりと確かめて交換しましょう。

後はハンドル周りのねじの確認をしてください。
しっかりと緩められるか?締め付けが正常にできているか
フットストラップのねじも結構緩みますので確認してみて下さい。
シーズン中にねじが緩まなかったり、締め付けがしっかりできなくなるのは
困りますからね。

ちょっと面倒な事でも2018年スノースクートを楽しく安全に滑る為にも
是非、行ってみて下さい。

メンテナンスの相談にものりますので
なんでもお問い合わせください。

シーズン中は【2014年以前】非貫通ブッシュは品薄になる恐れがあります。
オフシーズンにしっかりメンテナンスしましょう。

大阪でスノースクート展示販売
ヴォーグスポーツ
大阪府寝屋川市点野5丁目4-34
072-839-8881(田中まで)
https://www.vog.jp/
もしよければフェイスブックページにも「いいね」お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/vog.snowscoot/