2019 スノースクートのこと

かなりお久しぶりです。
9月に入りそろそろ2019スノースクートの新機種 ニューモデルが気になる季節になりました。
メーカーもいつものようにFacebookの看板画像を変え
なかなか焦らしますね(笑)

そんな画像がこれ↓

ではヴォーグスポーツでは2019スノースクート販売も力を入れなければいけませんが
2019はとくに関西の方に沢山、スノースクートの楽しさを知ってもらいたいので
レンタルも強化!
ただ問題もあります。最近では宅配業者の運賃の値上げです。
レンタル料と運賃を考えるとゲレンデが行ってる古いスノースクートで我慢する?
でも最新のスノースクートをヴォーグスポーツでレンタルする?
迷う所です。
それなら僕が何時も行っているゲレンデに来てもらえるなら
最新のスノースクートが激安でレンタルできる!ひらめきました。
2019のシーズンは手ぶらでスノースクート
駐車場でお渡し。初心者の方にはプチレッスン付き
こんなサービスを考えてます。おそらく兵庫県のゲレンデがメインになると思うので
西日本の方向けかな?
サービス内容が正式に決まれば改めて報告します。

 

ヴォーグスポーツではスノースクートを店頭販売、ネットショップで販売しています。

 

2019年9月27日(追加情報)

ついに発表がありました。
2019スノースクートの発表が!
それに伴いヴォーグスポーツでも予約が開始しました。

 

今季はエントリーモデルの「ONE-D」に、新色5色が追加されました。   さらに注目は、フレームサイズがワイドになった新モデル「70L」&「70XL」。
そして、どんな環境でもオールラウンドに楽しめる「A2」はデザインを一新、より魅力的な1台となりました。この他にも魅力満載の多数アイテムがラインアップ!


2019年のSnowscoot、今年も進化し続けます。

 

当店でも一番人気のエントリーモデル
初めてのスノースクート
そんな方にピッタリなモデルです。2019ONE-Dは今年も特に仕様的には
同じですが新色が5色追加
・rubln red
女性の方でも男性でも乗りこなせる落ち着いた色合い
・light grey
意外と人気の色で渋くいくならありです
・grey olive
ヴォーグスポーツ限定色のoliveとよく似ていますがこれもありです。
・grye beige

全体的に落ち着いた色ですが僕は好きです。

・blue grey

ダークなイメージがド渋ですね。

 

他にも2019スノースクートは派手目のネオカラーなんかもあるので
カラーの選択肢だけでも今年は11色+当店だけの限定色2色から選べます。

 

デザインを一新した「A」

「A」という名称は「All round」のAです。ゲレンデ内での、圧雪バーン、不整地、またはバックカントリーまで高次元に乗りこなすことのできるモデルです。
今季は、フレーム、ボードデザインを一新
しました。

 

 

 

ワイドになった新モデル「70L」&「70XL」

今シーズン注目のヘッドアングルが70°のフリースタイルモデル「70」は、セミワイドデッキを採用(206mm幅)。ダウンチューブを70Lは20mm、70XLは40mm延長!全体的なサイズアップで、よりコントロールしやすくなりました。

 

「70」 / 「G」仕様のP1ボードが限定販売!

P-1フロントボードにAP-2 skull / G-2 camouflage / Antoniボードと同じグラフィックも仲間入り。
雪の状態に合わせて、ボードをカスタム!ボードの違いや特性を活かすことで、より面白い滑りを体感することができます。
2019のスノースクートラインナップはとにかく多いのでユーザーにとっては嬉しいですね

AP2ボードの仕様を検討している方は予約は早めをお勧めします。
なぜならAP2ボードは納期が遅れる可能性があるとかないとか?巷の噂です

とにかく確実にゲットしたい方は大坂寝屋川でスノースクート展示販売のヴォーグスポーツで
予約してくださいね。