スノースクート用のハンドルはBSDがかっこいい

10月に入りいよいよ2019スノースクートシーズンに入った感じで
店頭でも沢山の方が関西各地からスノースクートの実物を見に
ヴォーグスポーツまでこられていますよ。

さて今回はスノースクートのハンドルのご紹介です。
皆さんはどんなハンドルですか?

サイズも沢山あり悩むのがサイズ選びですよね
人それぞれ好みががあり色々試すのが一番いいのですが
お金がいくらあってもたりません!

当店の売れ筋などをご紹介するので参考にしてみてください。

 

国内トップライダーたちも愛用するパーツ
BSD

 

当店では9インチ以上の高めのサイズが近年よく売れています。
幅は好みでカットされているみたいです。実際に僕も9.0インチのバーを愛用

 



イギリス・スコットランドの大人気ブランドBSDを取り扱うジック・ジャパン株式会社から
発売された新商品

BSD Levelled Stem 

OS verサイズもあり丈夫な設計になっている
Over Size Verはバークランプ径が25.4mmとなります。

OS verのステムとハンドルの組み合わせで最強のハンドル周りになるでしょう

ヴォーグスポーツ楽天市場でBSDのハンドルの詳細を見る


ヴォーグスポーツでBSDのステムの詳細を見る

 

関連記事スノースクートのステムを交換することで