ジックスノースクートの70の大きさの違い

皆さんこんにちは

 

ヴォーグスポーツの田中です。


皆さんはスノースクートを購入を考える時
何を基準に考えますか

僕はとにかく乗れるか乗れないかは別として
中級モデルぐらいの物を常に買っています。
始めは乗れなくても練習すれば必ず乗れてきます。
それがスノースクートです。

 

さて今季から発売になった70ですが
なんと3サイズの中から選ぶ事ができます。

 


これにより自分に合ったスノースクートを選ぶ事ができます。

自分の体重や身長、ホームゲレンデのコンディション状態などを考慮して選ぶ事も可能になりました。

70parkはメーカーサポートライダーも多く愛用しており
キッカーを飛びたいライダーやセクションに入りたい方にはお勧めです

70L 2018-2019から新しく登場したモデルです。
70parkはX-1ボードを搭載
70LはAP-2ボードになります。 
フレームの下のダウンチューブを20mm延長し身長175cm前後の方に向いています
足元のデッキ部分も206mm幅が広くなりセミワイドデッキでさらに安定感

70XLはさらに70Lをベースにダウンチューブをさらに20mm延長した
ロングフレームです。身長の175cm以上の方にお勧めです

今回LとXLはデッキ幅を左右に10mmずつ広げ、安定感を求めるライダーには嬉しいバージョンUPとなりました。

 

↑画像では分かりにくいですが
右が70PARK
左が70L
右と左では70のデッキの大きさが違うのが分かりますか?

↑左が70XL
真ん中が70L
右が70L