コンテンツ

ROCKERの違い

スノースクートとは

メーカーはjykk japanになりBMXのフレームにスノーボードの板が着いた雪上自転車スキー場で滑れるsnowbmx。
近年では人口も増え、滑れるゲレンデも増えています。
ニューウィンターとして注目されている乗り物です。
モデルもお手頃なエントリーモデルから上級者モデルまで様々なシーンで楽しめるスノースクートがあります。

 

ROCKER2

 

ROCKER3

 

irock

IROKとは

ROCKER mini BMX の初期モデルです。 カラーがとても豊富で 性能と品質・価格面を考慮した入門モデルです。

ROCKER

 

IROK

 

IROK

 

irock2

ROCKER2について

より強度を求め、初心者から上級者の方まで満足して頂けるモデルです。

ROCKER2

 

ROCKER2

 

ROCKER2

 

rocker3

ROCKER3について

現段階でRocker社のこれまでに培ったノウハウをすべて投入した最上級mini BMXシリーズです。

ROCKER3

 

ROCKER3

 

ROCKER3

 

フレーム

IROK・Rocker2にはなかったガゼットがRocker3には溶接されており、より強度が出されております。

 

 

 

Rocker3からフレームのシートステーのブリッジがアーチ状になり、より恰好良くなりました。

Rocker3

 

Rocker3

 

Rocker3

 

ステム

IROKはフロントロードステムがついており、Rocker2はトップロードステムがついており、Rocker3はRocker2より高くなったトップロードステムがついています。

フロントロードステム

 

フロントロードステム

 

フロントロードステム

 

クランク

IROKは1ピースクランクがついており、軽量に作られております。Rocker2・Rocker3は3ピースクランクがついており、強度を求められた仕様になっております。

クランク

 

クランク

 

クランク

 

ホイール

IROCK・Rocker2でも十分強度があるのですが、Rocker3ではより強くするため溶接部分を増やし、組み立てボルトを5本に増やしました。さらに、穴をあけ軽量化も出来ております。

ホイール

 

ホイール

 

ROCKER3

 

ヘッドベアリング

IROK・Rocker2ではアヘッドHeadSetに対し、Rocker3はインテグラルHeadSetが取り付けられており、現在主流の20インチBMXにより近くなり、さらに強度が増しました。

ヘッドベアリング

 

ヘッドベアリング

 

ヘッドベアリング

 

ギア

IIROKが13tで漕ぎ出しが軽く作られております。Rocker2・Rocker3は9tになっており、高速トリックが決めやすく作られています。

ギア

 

ギア

 

ギア