スクートの滑り方

スノースクートの乗り方

スノースクートは、スノーボードに自転車のハンドルが付いた乗り物で、リアボードの上に足を置きハンドルと連動して動くフロントボードを操作しながら 雪上を滑る乗り物です。
最近では愛好家も増えて滑走可能なスキー場も増えております。1度は見かけた事もあるのではないでしょうか?
最近のスノースクートはフレームがアルミ素材でできているのでとても軽くなっており初心者の方や女性の方でも扱いやすくなっております。また子供向けのモデルもありますので安心して遊ばせられることができます。
当店ではスノースクートのレンタルも行っておりますので、ぜひ利用して下さい。

スノースクートの滑り方

初心者の方でも簡単に乗ることができ、2時間ほどの練習で楽しく滑れるようになります。ハンドルに頼らずに曲がるときにハンドルでターンのきっかけを作り、スキーを滑る時と同じように身体を倒し曲がりたい方向に重心を持っていく事で気持ちよくカービングができます。

スノースクート

スノースクート

スノースクートの止まり方

止まり方はスキーやスノーボードと同じ様に、スクートを更に寝かしエッジをきかして止まります。スピードが出ていてる時に、止まろうとして足を前にだしてしまうと怪我の原因にもなるので気をつけてください。
スノースクートで滑る時は、安全面を確保するためにヘルメットもかぶるようにしましょう。楽しみに行っているのにケガをするとテンションが下っちゃいますからね。

 

 

スノースクートのリフトの乗り方

スノースクートのリフトの乗り方は、スキーやスノーボードに比べれるととても簡単です。乗るのに失敗をしてリフト全体を止める様な事はございません。

  1. 両手でハンドルを握り、スノースクートをまたいだ状態でリフトを待ちます。
  2. リフトがきたら座る位置を確認をして、リフトに身を任せて座るだけ!
  3. リフトが上昇するまでは引っ張られる様な感じがしますが、スクートが浮いたらハンドルを手前に引いて太ももに挟むような感じで頂上まで行きます。
  4. 降りる時は、片足をストラップに入れて椅子の反動を利用して、前に押し出すような感じで降りてください。