誰でも簡単にできるキックボードのグリップ交換

意外と簡単、キックボードのグリップ交換

キックボードのグリップはスポンジでできている為 長年愛用しているとボロボロになりますが 簡単に交換もでき 交換後は新品のキックボードのような見た目でスッキリします。 キックボードグリップ

キックボードグリップ交換で用意する物

■新しいグリップ (今回はタイプA) キックボードグリップ ■ブレーキパーツクリーナー (ホームセンターなどに売っています。) ■写真には写っていませんがカッターナイフ DCIM100GOPROGOPR0528. 滑りやすくするために軽くパーツクリーナーを注入! パーツクリーナーがない場合は石鹸水でもできます。 DCIM100GOPROGOPR0529.

DCIM100GOPROGOPR0530.

滑りが悪いときは思い切ってカッターナイフでグリップを切ってください。

思い切りが大切です(笑) 切った感じはこんな感じ キックボードのグリップはスポンジでできているので簡単に切れます。 せっかくグリップを外したので、このタイミングでハンドルもウエスなどで綺麗に拭いてあげましょう DCIM100GOPROGOPR0531. DCIM100GOPROGOPR0532.

さぁいよいよ新しきグリップを取り付けますが少しポイントがあります。

JDジャパンのキックボードのハンドルは収納時にコンパクトになるように ハンドルが抜き差しできるようになっています。 ハンドルのパイプの中にゴムひもがあり ゴムひもがバーエンドで固定されています。 ■バーエンドからゴムひもを外す このときにゴムひもは離さないようにしっかりと持っててください。 ■グリップの中にゴムひもを通します。 ■グリップの先端でひとまず、ゴムひもとバーエンドを固定します。 DCIM100GOPROGOPR0533. DCIM100GOPROGOPR0534. 軽くパーツクリーナーを吹きかけることで 滑りがよくなり、簡単にグリップが入ります。 DCIM100GOPROGOPR0536. DCIM100GOPROGOPR0537. ハイ出来上がりです。 ポイントさえ分かれば誰でも簡単にキックボードのグリップ交換はできます。 おさらい ■ゴムひもとバーエンドを外した後、必ずしっかりとゴムひもを持っておくこと これさえ守れば簡単です。是非皆さんもお子さんのキックボードのグリップ交換にチャレンジしてみてください。