スノースクートのパウダーボードとは何か

スノースクートは今話題のウィンタースポーツで日本国内のゲレンデでも2009年には295箇所、2011年では370箇所以上の場所で利用が出来、スキー場によってはレンタルスクートの貸し出しも行っているので気軽に楽しむことが出来ます。しかも、始めたその日からすぐに滑ることが出来るのと、スキーやスノーボードではターンはかなり難しいのに比べスノースクートの場合はハンドルの操作によってコントロールが可能なので初心者にも嬉しいウィンタースポーツです。 しかし、慣れてくると自分の好きなオリジナリティ溢れるモデルがほしくなるものですが、スクートは完成型一台購入するとその後はボードの取り換えやハンドルの取り換え、部品の交換などで自分好みのモデルにチェンジすることが出来、マシン好きにはたまらないスポーツでもあります。そういうカスタマイズの際にオールラウンドボードとかパウダーボードというのがあるのですが、オールラウンドというのは雪山すべてにおいて高レベルで滑るためのボードでターンがより一層気持ちよく出来たりコントロールがしやすいタイプの凡庸ボードの事です。そして、パウダーボードというのはパウダースノーに強く圧雪バーンや林道においてもパフォーマンスしやすくデザインされているタイプの事で自由にゲレンデを滑りたい上級者向けのボードとなっています。こういったカスタマイズに関しては「VOGUESPORTS」という専門店が多種多様なボードや部品を扱っているのでお勧めです。   スノースクート,パウダーボード